FRESH FIELD PC ショップ よもやま雑記

BTO PC製作の舞台裏や新作パーツの情報などを綴ります。一筋縄ではいかないDOS/Vパーツの世界へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[秋葉原裏名所シリーズ] オレンジジュース5種類! 飲み比べ

こんにちは、おっちゃんです。
暑いですね~

3連休はどこかに出かけられましたか?
ブログも連休中に引っ掛けPC関連はお休みし、
秋葉原の地元ネタを書いてみます。

さて、弊社フレッシュフィールドのとなりは「えひめ飲料」さん
ポンジュースで有名なえひめ飲料さんが隣です FRESH FIELD


えひめ飲料さんで分からない方、そう「ポンジュース」の会社さんです。えひめ飲料さんと言えば「PON ジュース」


ポンジュースだけならある意味「普通」なのですが、
みかんジュースへのこだわりが半端じゃないんです!
こだわりのオレンジジュース5種類
ジャーン!!なんと5種類!
しかも4種類は濃縮還元ではなくストレート果汁!
ス、スゴイです


何が違うのか飲み比べもしてみましたが、それは最後に書くとして、
まずは、パッケージラベルの説明から違いを想像ください。

1番手「きよみ」さん
きよみ 清見 オレンジジュースラベル1きよみ 清見 オレンジジュースラベル2
ラベルの解説によると
”甘味と酸味のバランスが絶妙な愛媛産清見を使ったストレート果汁です。”
とのこと。

2番目「ひめぽん」さん
ひめぽん 不知火 オレンジジュースラベル1ひめぽん 不知火 オレンジジュースラベル2
同じく
”濃厚な甘みと程よい酸味の愛媛産ひめぽん(不知火)を使ったストレート果汁です。”

3番目「いよかん」さん
いよかん ジュースラベル1いよかん ジュースラベル2
”豊かな香りと爽やかな苦味が特徴の愛媛産いよかんジュースです。”
これだけなぜか濃縮還元。

4番目「ぽんかん」さん
ぽんかん オレンジジュースラベル1ぽんかん オレンジジュースラベル2
”甘味が強く、酸味がやわらかい愛媛産ポンカンを使ったストレート果汁です。”

最後は「みかん」さん
(ベタなネーミングですが、詳しくは”うんしゅう”みかんのようです。)
みかん うんしゅうみかん オレンジジュースラベル1みかん うんしゅうみかん オレンジジュースラベル2
”潮風と太陽をいっぱいに受けて育ったうんしゅうみかんを使ったストレート果汁です。”

さて、説明文から味の想像はつきましたでしょうか??

秋葉原に寄られた際には是非立ち寄ってみてください。
えひめ飲料地図

この自販機に売ってます。
えひめ飲料 自販機1

オレンジジュース5種類のカウント(笑
えひめ飲料 自販機2 オレンジ5種類

-------

さて、最後に飲み比べです。
ご自分で確かめたい方はスルーしてください。
ジュース5種類飲み比べ


品名甘み酸味苦み感想
みかん



しっかりとした甘さと程よい酸味で
ある意味"王道的"なオレンジジュース
いよかん




苦みが強いため、
オレンジ+グレープフレーツのような感じですが、
スッキリしているので飲みやすいです。
ひめぽん






甘みが強い分、酸味も強い。
"きよみ"を濃くした感じで、
濃い味が好みな人向け。
ぽんかん



皮の苦みが少しあるので、夏みかんのイメージです。
"いよかん"より"みかん風味"が強いスッキリさ。
きよみ



クセが無く飲みやすいですが、
"みかん"に比べると酸味が少しあります。


苦みが好きな自分は”いよかん”が一番好きですね。

あっ、ミシュランの方、調査員への引き抜きお待ちしております(笑

さて、今後も秋葉ネタシリーズをちょこちょこ書かせていただきますので、
乞うご期待!
それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました




スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

ターボブーストテクノロジー(Turbo BoostTechnology)の表示は本物か?

こんばんは、おっちゃんです
東京地方では深夜にスコールのような雨
地球は少しずつ氷河期に向かっている(?)らいいですが、
日本はどちらかというと亜熱帯に近くなっていると感じる今日この頃です。

さて、本日は CPU の自動クロックアップ機能である
ターボブーストテクノロジーの表示の妙についてです。

早速ですが、2つのCPUを比べてみます。
CPU定格周波数ターボブースト最大周波数
Core i7 3770 3.4GHz3.9GHz
Core i7 3770S3.1GHz3.9GHz

この表を見た多くの方はこう思うはずです。
「低発熱を目指した3770Sは普段こそクロックを抑えているけど、
負荷が掛かった時は3770と同じくらいクロックが上がるんだな」と・・・

ところが、実は違います
良く表記されているターボブーストテクノロジーの最大周波数は
コアが1つだけ動作している時の例なのです。

今度は細かい情報を含めて先ほどのCPUを比較してみましょう。
CPU定格周波数ターボブースト最大周波数
4コア3コア2コア1コア
Core i7 3770 3.4GHz3.7GHz3.8GHz3.9GHz3.9GHz
Core i7 3770S3.1GHz3.5GHz3.6GHz3.8GHz3.9GHz

先ほど表示されていなかった数値(赤字部分)が
大きく異なっていることが分かります。

ここで問題なのは、コアが1つだけ動いている時間は非常に少なく、
最低でも2コア、少し負荷が掛かると4コアが使用されることです。
ですから実質は4コアや3コア程度のターボブーストがよく使われる周波数となるのです。
それを加味すると
3770 -> 3.7-3.8GHz
3770S -> 3.5-3.6GHz
と考えていただければ良いでしょう。

もちろん低発熱のCPUと通常のCPUが全く同じ速度で動くわけありませんので、
その違いがある事には問題無いのですが、
確立が低い好条件で比較し、誤解を招くのは良くないと思い、
今日はあえて過激な題名を付けさせていただきました。

※ビジネスで考えれば
「確率が低くても可能性さえあれば一番良い数字を表記する」
のは他の業界もやっていることなんでしょうが・・・
ちと馬鹿正直に暴露してみました。

実はこの「動作コア数の違いでターボブーストのクロックが異なる」仕様のため、
Z77マザー(ターボブースト値を設定可能)とH77マザー(設定不可)では
通常のCPUでも動作させられるクロックが変わるのですが、
その件は次回のブログとさせていただきます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。



テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

今日ネットが繋がらなくなった方、DNS Changer感染を確認ください

こんばんは、おっちゃんです。
少し記事が空いてしまいましてスミマセン

もう数々のサイトで情報が流れているので、
今さらですが、本日(7/10) DNS Changer対策のサーバーが終了しました。

そのため、DNS Changerに感染していたPCはインターネットに接続出来なくなります。

このページをご覧いただいている場合には
問題無いわけですが、念のため、JPCERTの確認ページをご案内いたします。

JPCERT DNS Changer 確認ページ
http://www.dns-ok.jpcert.or.jp/

JPCERT DNS Changer 詳細説明 (駆除ツールリンクあり)
https://www.jpcert.or.jp/pr/2012/pr120002.html

本日は簡単ですが、ここまでとさせていただきます。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。



テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

Antec P280 静音構成例

こんばんは、おっちゃんです。
気付いたら今週も土曜日!時間が過ぎるのは早いですね

私達は毎日PCを組んでいるので、PCの構成をブログへ載せても
あまり面白くないかな・・・と思っていたのですが、
「他の人の構成やPCの中身が分かって面白い」という意見がお客様よりあったので、
懲りずにBTO事例を続けていきたいと思います!

今回は Antec P280 を使った静音PCです。

まず、構成内容についてです。

CPUIntel Core i7-3770K 【3.50GHz x 4 [HTx 8 /TB時MAX3.9GHz】
CPU FANサイズ グランド鎌クロス (SCKC-2100)
Memory[DDR3-1600] 8GB (4GBx2/CL9) G.Skill社
HDDIntel SSD 330 SSDSC2CT120A3K5 【120GB】
HDD2Intel SSD 330 SSDSC2CT120A3K5 【120GB】
MotherASUStek P8Z77-V Pro [ Intel Z77 Chip ]
VGACPU内蔵ビデオ機能 (Intel HD 4000 Graphics)
Soundオンボード
ドライブパイオニア製 BDR-207MBK/WS 黒
CaseAntec P280 (メタルブラック)
ケースファンXinruilian製 800rpm x 3個
Power[OWLTECH] M12 SS-400FL 400W ファンレス電源
OSMicrosoft Windows 7 Ultimate SP1 64bit

ポイントは
・ファンレス電源
・SSD x 2台 でHDDレス
・ケースファンとCPUFANを静音ファンへ変更
という点です。

では最初にケース(P280)について簡単に説明を。
静音ケースで有名になった Antec P183 の汎用性を上げた上で
静音を目指したとも言える良いケースで、
P183などに比べると電源部を仕切るギミックが無くなり、
一般的なケースへ近づいてしまっていますが、
その分、グラフィックカードのレイアウトなどに自由度が増しています。
また、静音を実現するために、ケース側面パネルには余計な穴が無く、
前面の吸気音も前面カバーが付いているなど、
様々な工夫がなされています。

Antec_P280_Seasonic_SS-400FL_04
前面パネルを開けた状態です。
前面の吸気口がメッシュで大きく確保されています。

Antec_P280_Seasonic_SS-400FL_01
次にファンレス電源ですが、ケース内のエアフローを利用して冷却させるため、
敢えてメッシュ部を上側にし、背面から吸気される風で冷やすようにしています。

Antec_P280_Seasonic_SS-400FL_03
さらにSSDですが、2台搭載し、データ保存もSSDにしています。
HDDの振動音とアクセス音が無いと静音性は全く違います。

Antec_P280_Seasonic_SS-400FL_02
CPU FANのヒートシンク近くにケースファンがあるため、
回転数が少なくてもきちんと冷却が出来ます。

Antec_P280_Seasonic_SS-400FL_05
表側の配線を減らすための裏配線です。


いかがでしたでしょうか?
一般的な作業をサクサクと行い、かつ静音で・・・
という良くある希望に最適な組み合わせだと思います

今回のCPUに搭載されている Intel HD Graphics 4000 は
軽い3Dなら動いてしまうくらいの性能を持っていますので、
ゲーマー以外には十分なPCに仕上がっていると思います。

それでは簡単ですが、本日はこのへんでお開きとさせていただきます。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました




テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。