FRESH FIELD PC ショップ よもやま雑記

BTO PC製作の舞台裏や新作パーツの情報などを綴ります。一筋縄ではいかないDOS/Vパーツの世界へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WD3000GLFS RAID0 & Smart Drive 装着可能か?

こんばんは。おっちゃんです。

遂に登場したS-ATA最速ドライブ Western Digital WD3000GLFS
VelociRaptorの名に相応しい性能なのか早速テストしてみました。

まずは基本データから、
10,000rpm の 2.5inchHDDだけどマウンタ付きで3.5inch、16MBキャッシュ
WD3000GLFS 外観


マウンタで3.5inchにしているため、
通常のSerialATA HDDとコネクタの位置が違います!
コネクタ位置に依存する機器は使用出来ませんのでご注意ください!

下の写真は上段が通常のS-ATA HDD、下段がWD3000GLFSです。

WD3000GLFS コネクタ位置比較 1  WD3000GLFS コネクタ位置比較 2

ちなみにマウンタはネジ止めなので外せなくはないのですが、
特殊ネジ(トルクス?)という事と発熱が低くは無いので、オススメしません。
保証が無くなっても良いから、、、という強者さんはどうぞ汗1
WD3000GLFS 固定特殊ネジ


前置きが長くなりましたが、今回のテーマはこちら
・ どれくらい速いの? RAIDしたらどうなの?
・ Smart Driveには入るの?


----------

ではRAIDのテストから、、、

WD3000GLFS x 2 RAID0 DiskMark2.1  WD3000GLFS x 2 RAID0 HD Tune 2.55


文句ない速さです!
HD Tuneでのランダムアクセスも7.0msと十分速く、さすが10,000rpm!

ただ、300GBプラッタ超の7,200rpmのHDDと比べると
最高速度は読み書きとも互角に見えます。
では何が違うのでしょうか?

WD6400AAKS RAID と比べてみましょう。
WD6400AAKS RAID0 DiskMark2.1 WD6400AAKS RAID0 HD Tune

DiskMarkでの差は僅かですが、HD Tuneをご覧ください。
WD6400AAKS (7,200rpm) は内周へ行くに従って
速度がかなり落ちています。(最終的には100MB/s)
逆にWD3000GLFSは最後まで150MB/s近くで読み出せています。
つまりどの位置に書かれているファイルでも速く読み出せるということです。
3.5inch級の大きい円盤をゆっくり回している7,200rpmは内側の読み出しが遅く、
2.5inch級の小さい円盤を速く回している10,000rpmは
内側と外側の差が少ないため、このような結果となったわけです。


次に、HDD単体の時を比較してみましょう。
左側がWD6400AASK、右側がWD3000GLFSです。
(サムネイルのサイズが異なってしまい、申し訳ありません。)

WD6400AAKS DiskMark2.1 WD3000GLFS Single DiskMark2.1

WD6400AAKS HD Tune WD3000GLFS Single HD Tune 2.55

DiskMarkでも僅かですが差が出ていて、10,000rpmが勝っています。
また、HD Tuneでは(RAIDの時と同じ傾向ですが)
10,000rpmのシークタイムの早さと内周部での速さが圧倒的です。

以上のデータから、
シーケンシャルな動画データなどは7,200rpm高密度プラッタをRAID
読み込み速度だけでなく、ランダムアクセスが必要なシステム周りは10,000rpm

という一般的な回答が改めて実感しました。

※ちなみに10,000rpmはRAIDというよりは
単体で使用する場合のほうが恩恵を実感出来るかもしれません。

------

続いては皆さんが気になる「音・熱」についてです。

まず、音についてですが、
以前のRaptorシリーズからは考えられないほど静かです!えぇ
だいたい1世代前の7,200rpmと言っても過言では無いと思います。
ただ、さすがに高回転部分があるせいか、
(ケースに入れてしまえば気づかない程度ですが)高音が聞こえます。
また、アクセスが多くなった時に、少しだけカリカリ音がするのはご愛敬でしょうか。

どうしても静音と速さを求めたい方へ
あの静音BOX「Smart Drive」を試してみました。

WD3000GLFS SmartDrive 静音化

結論から言ってしまうと装着することは可能なのですが、
SerialATAコネクタの位置が真ん中寄りのため、
ケーブルをかなり選んでしまいます。

電源ケーブルは出来れば上にケーブルが出ているタイプ。
S-ATAケーブルもL字型かつ、コネクタの上端とケーブルまでの間が
1cm程度のものが理想です。(右の拡大写真参照)

WD3000GLFS SmartDrive 静音化 1 WD3000GLFS SmartDrive 静音化 2


ただ、苦労するだけの価値はあります!
10,000rpmというのが”うそ”のように静かで、カリカリ音も聞こえなくなります。

----

発熱に関しては決して低くは無いですが、メチャクチャ熱いわけでもありません。
ケース外に無風状態(バラック)で動作させると、おおむね40℃前後で動きます。

また意外だったのは、前述のSmartDriveに入れても温度は大きく変わらず、
40℃前後で動いていた
ことです。発熱体の大きさが2.5inchということも
あるせいか、SmartDrive全体がうまくヒートシンク代わりになったようです。

ちなみに、上記は無風状態での比較ですが、
12cm 1,200rpm Fanで風を当てると
・通常のままのWD3000GLFS 28℃
・SmartDriveのWD3000GLFS 35℃
と差が出ます。ただ、35℃は決して高い温度ではないので、
あのカリカリ音と決別出来るのであれば、
決して悪くない選択肢
だと思いました。

■総論■
WD3000GLFS は価格も高いですが、
その値段を裏切らない性能を備えています。
実際にWD3000GLFSへVISTAをインストールして使ってみると、
メモリディスクとまではいきませんが、インターネットなど
ファイルの読み書きが発生する時の動作がキビキビとした
感触を受けました。

ハイエンドな作業をする方なら、
ゲーマーをはじめクリエイターまで幅広く薦められる良いHDDですので、
是非ともご検討ください!

と宣伝したところで、、、汗1
お後がよろしいようで。

-------
データ取得環境
・Intel Xeon 3360 [ 2.8GHz x 4 ]
・8GB MEM ( Patriot 2GB x 4 PC6400 )
・GIGABYTE GA-G33M-DS2R
・Geforce 9600GT 512MB
・Microsoft VISTA Ultimate 64bit SP1
関連記事

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freshfield5.blog96.fc2.com/tb.php/11-11e1c1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。