FRESH FIELD PC ショップ よもやま雑記

BTO PC製作の舞台裏や新作パーツの情報などを綴ります。一筋縄ではいかないDOS/Vパーツの世界へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2080年!? BIOS設定にはご注意を・・・

お久しぶりです。おっちゃんです。

DDR2メモリが値上がりアップしてますねがっくり
来週もまた上がるらしいですよ、、、トホホ汗

気になる方は下記サイトでチップの取引価格をチェックしてみてください。
DRAM Exchange
知る人は知ってるこのサイトですが、株価と一緒でいろいろな思惑が絡むため、過信すると裏切られます。おおよその目安とお考えください。

さてさて、本題(題名の件)ですが、
『2080年にBIOSの設定がなっていた事件』がありまして(笑
(笑)とか書いていますが、気付くまでに紆余曲折がありました。

事の発端は「あるソフトのインストール中にエラーが出る」という連絡でした。
とりあえず戻ってきたPCをチェックすると、確かに一定のソフトでエラーが、、、
こういう症状ですとメモリエラーが考えられるので、
「メモリ全部交換→メモリテスト→OSインストール」
が、、、例のソフトのインストールはまたもやエラー。

仕方が無いので同等の環境を作ってテストすると、なんとOK!
それなら、と原因を探るためにパーツを交換していくと、、、
『結果はマザーボード!』 一件落着・・・
でも、他のソフトは全く問題無いし、ホントに不良?と思って
不良と目されたマザーをさらにチェックしてみると
『WindowsUpdateに繋がらない・・・』
もしや、、、BIOSの日付、、、
なんと、2008年ではなく2080年に設定されている!絵文字名を入力してください

日付を戻したら今までがウソのよう!
ソフトも順調にインストールされました
がっくり

CMOSクリアーをした際にお客様が設定したらしいのですが、、、
たぶんその時に間違ってしまったのでしょう (汗

いやはや『気付けば10分、予備機作ってテストは5時間』の大きな差でした。

Windows Update が繋がらなくなる理由の一つに
「日付が1日以上ずれてる」
ことがありますので、エラーが出た場合には
そういう可能性もある、と覚えておくと良いかもしれません。

(今回のように未来の日付になることは稀ですが)
マザーボード上のボタン電池が弱ってくると
BIOS上の日付がリセットされて過去の日付になる事がありますので、
・WindowsUpdateが接続出来ない
・作るファイルが古くなるため上書きエラーが出る
なんて時には思い出していただければ幸いです。

皆さまもBIOSの日付にはご注意ください。

※今回の件で、ソフトは2080年まで使われることは考えてない
(当たり前?)んだなぁ~なんて思いました。
お後がよろしいようで。
関連記事

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freshfield5.blog96.fc2.com/tb.php/9-24dbd60c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。