FRESH FIELD PC ショップ よもやま雑記

BTO PC製作の舞台裏や新作パーツの情報などを綴ります。一筋縄ではいかないDOS/Vパーツの世界へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Final Fantasy XI 用パソコンをαテストしながら考える

こんにちは。おっちゃんです。
記事のペースを上げるため(?)に雑談系ですがお許しください、、、

名前を知らない人は少ないであろう「Final Fantasy」の最新ネットワーク版である
Final Fantasy XIV -公式サイト-
のテストが始まりましたね~

4GamerさんのFF XIV記事によると、
もうそろそろαテストからβテストへ移行することもE3で明かされ、
これを期にPCを新調しようと思っている人も多いはずです。

むしろ、新調せざる得ない事になるかもしれません。
と言いますのも、運良くαテストに選ばれたのですが、
下記のような非力PCでは全く歯が立ちませんでした。

ちなみにPCの構成は
CPUIntel Core2Duo E6600(2.4GHz x 2)
Memory2GB PC800 (1GB x 2)
HDDSeagate ST38000815AS
MotherIntel BOXDG965OT (Intel965G)
VGALEADTEK Geforce 9500GT 512MB
SoundCreative Sound Blaster X-Fi
CaseCoolerMaster Centurion 541
PowerAntec TruePower 650W
OSMicrosoft WindowsXP Professinal SP3
です。
まあ、「グラフィックカードの性能が低すぎだろ!」
ってツッコミが入るのは承知なのですが、
上記スペックでも(設定さえ気を付ければ)
Battle Field Bad Company2 が遊べるほどの性能なので、
FinalFantasyXIVの要求がいかに厳しいか分かると思います。

まあ、α版→β版でかなり描画負荷も低下したようですし、
描画負荷の設定も準備されるようなので、
発売時にはもう少し落ち着くと思います。
(このままの負荷だとかなりの人が遊べないと思うので・・・)

今後、上記構成のグラフィックカードを変えてどこまでいけるか?という点を
探っていきたいと思います。

ただ、今日は、ゲームから返り討ちにあわないため、
ほぼ負けないであろう構成で望みたいと思います!
テスターの皆さん、お会いした際には宜しくお願い致します。m(_ _)m
CPUIntel Core i7 930
Memory6GB PC1333 (2GB x 3)
HDDWesternDigital WD1002FAEX
MotherASUStek P6X58D-E (Intel X58)
VGASapphire Radeon 5870
   or
Sapphire Radeon 5970
Soundオンボード
OSMicrosoft Windows7 64bit Professinal


結果が出ましたら、また書かせていただきます!
今回は結論が出ない記事で申し訳ありません

テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

CWCH50-1(水冷クーラー)は吸気?排気? - CC800DW -

こんばんは。おっちゃんです。
記事の更新頻度が少なく、申し訳ありません、、、

でも皆さんもブログを書く際に
「こんな内容では更新しないほうが良いかな?」
「日常ネタではつまらいないかな?」
とか悩んだりしませんか?

さてさて、今日は最近人気の水冷クーラー「Corsair CWCH50-1」についてですが、
「このラジエターに付けるファンは吸気が良いのか、排気が良いのか」というお題です。

本題の前に少しばかりこのクーラーの説明を。。。
まず、冷却能力は水冷なので非常に高いです。
ほとんどの空冷クーラーを上回るほどの能力を誇ります。
また、ポンプの音も静かで、よほど静音な構成でない限り、
気にしなくても良いレベルです。
付け加えるなら、一体型でメンテナンスも必要無いため、扱いやすいです。
ただ、やはり「水」を使う宿命か、万が一、経年劣化などで水が漏ってしまった場合には、
甚大な被害を及ぼす可能性がありますので、心配な方は良い空冷クーラーをお勧めします。

と、水冷のメリットとデメリットをお話したところで、本題を・・・
実は、水冷クーラー「Corsair CWCH50-1」によるとラジエターに取り付けるファンは
吸気の方向で図説されています。
おそらくケース外から取り込んだ低温な空気でラジエターを効率良く冷やす意図が
あるのでしょうが、その場合にはケース内に温まった空気が入る事になるので、
ケース内の冷却から考えると微妙です。
そこで今回は敢えて排気重視のケースを選択し、
ラジエター部分は吸気でも大丈夫か試してみました。

ケースは「Corsair CC800DW」を使ったのですが、
下の図のように「上面12cm x 3・背面12cm x 1」と排気相当のファンが
多いのに対し、吸気は下部にある14cm x 1のファン1つなので吸気が少なめです。
ここで背面12cm x 1の部分にラジエターを取り付け、
吸気と排気で温度を測定してみました。

Corsair CC800DW と CWCH50-1 で組んだPC内部1

OCCTという負荷ツールで100%負荷を掛けた結果を吸気と排気で比較してみます。
ファンの回転数を「800rpm/1,200rpm/1,500rpm」でそれぞれ測定しています。

 800rpm1200rpm1500rpm
吸気
54℃
50℃
48℃
排気
63℃
55℃
52℃


どの回転数でも吸気が圧勝していますね。
しかも800rpmの低回転では排気とかなりの差が開いています。
回転数が少なくなるとケース内の圧力(=吸気が強いか排気が強いか)が
大きく影響されるようなので、適した方向と逆を付けると
かなりのマイナスになってしまうようです。

某有名掲示板でもAntec P183など吸気が弱いケース取り付ける際には
ラジエター部分を吸気にしたほうが良い結果も出ているようなので、
「排気が強く吸気が弱いケース」には「吸気」
「排気がそれほど強くなく、吸気が強い(=メッシュ部分が多い)ケース」は「排気」
という一般的なケースファンの取り付けを踏襲すれば良いようです。

ただ、CPU付近で吸気を行うと、
ケース前面からの空気の流れが弱まる可能性がありますので、
HDDやビデオカードの温度も総合的に測り、
全体として良い方を選択したほうがPCにとっては良いでしょう。

今回のように極端に排気が強いケースは「CPU部で吸気をするのもアリ」というのが
分かっただけでも面白い結果だったように思います。

ちなみに正直に白状しますと、これほど細かいデータを採ったのは
お客様からPCをご注文いただいた際にどちらが良いか気になってしまい、
事前に理由を説明した上でお時間をいただき、両方の構成を試したからなんです、、、
この場をお借りしてお待ちいただいたお客様へお礼申し上げます。
Oさん、ありがとうございました!
(※その分、ベストな状態で出荷できたと自負しております。
↑おいおい、待たせておいて良く言うよ

と、自分で突っ込んだところで
今回もお後がよろしいようで・・・
お付き合い、お疲れさまでした。

ちなみに今回の詳細データとPC構成は下記の通りです。

■構成
CPU Corei7 980X
MEM G.Skill 6GB PC1333 (2GB x 3)
HDD Intel X25-M 80GB
Mother ASUStek P6X58D-E
VGA Sapphire Radeon HD 5870 1GB
Case Corsair CC800DW
Power Corsair CMPSU-850HXJP

■外観
PCを光らせたい!というお客様の要望に応えるべく、
メモリ用ファンも12cmでBlueLEDにしてみました!

Corsair CC800DW BTO PC 作例 水冷クーラー CWCH50-1 その1
Corsair CC800DW BTO PC 作例 水冷クーラー CWCH50-1 その3
Corsair CC800DW BTO PC 作例 水冷クーラー CWCH50-1 その2

■背面ラジエターを排気にした場合(800rpm)
CWCH50-1 排気 800rpm

■背面ラジエターを吸気にした場合(800rpm)
CWCH50-1 吸気 800rpm

■背面ラジエターを排気にした場合(1200rpm)
CWCH50-1 排気 1200rpm

■背面ラジエターを吸気にした場合(1200rpm)
CWCH50-1 吸気 1200rpm

■背面ラジエターを排気にした場合(1500rpm)
CWCH50-1 排気 1500rpm

■背面ラジエターを吸気にした場合(1500rpm)
CWCH50-1 吸気 1500rpm


テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

メモリのCL(Cas Latency)でどのくらい違うのか? XMP設定にご注意を!


こんばんは、おっちゃんです。
相変わらずブログ放置気味で申し訳ありません、、、

今回のテーマはメモリのCL(CASレイテンシー)です。
CLとは読込命令が起きてから実際にデータが読まれるまでの時間差(サイクル差)を示しています。
通常、コンピューターの世界では「数値が大きい=良い」事が多いのですが、
CLは費やす時間(サイクル)なので、「小さい=良い」になるのがポイントです。

例えるなら、陸上の100m走でスタートの「パンッ」って音が鳴ってから
どれくらいでスタート出来るかの速さ(反応時間)みたいなものでしょうか、、、

-----

では実際にどれくらい違うのが見てみましょう。
今回は下記の3つを比べてみます。

・CL7 手動 (CL7-7-7-21 1T)
・CL9 手動 (CL9-9-9-24 1T)
・CL7 XMP (CL7-7-7-21 2T)
※G.Skill社 PC1333 2GB x 2 を使用

まず、CrystalMarkでメモリの速度を測定してみると、、、

メモリのCL(CasLatency)による速度差 CL9 vs CL7 - 読み書き速度 -

僅かの差ですが、CL7がCL9を上回っており、応答速度の差が出ています。
その一方で CL7をXMP(チップ内の自動設定値)で設定したものは
結果が振るわず、CL9に惨敗するという結果になってしまいました。
代理店に確認したところ、メーカーによってはXMPによる設定は
推奨していないところがあり、そういうメーカーではXMPで設定すると
正しいパフォーマンスが出ない事があるようです。

次にSuperPiを同時に8つ動かし、その時の平均時間を計ってみます。
メモリのCL(CasLatency)による速度差 CL9 vs CL7 - SuperPIの計算結果 -

やはり速い順に CL7 > CL9 > CL7(XMP) になっています。

以上の結果より CL7 と CL9 の差は1%前後となります。
1%の違いが大きいか小さいかは難しいところですが、
価格差\1200前後(4GB時)という差を考えれば
予算が少し余った時には面白い選択肢だと思います。

(CPUを1段階上げれば数%違いますが、金額差も数千円以上になるので・・・)

何にしても気を付けなければいけないのは
CL7もXMPで設定すると標準(CL9)より遅くなってしまう事が
あるということですね。
(XMP設定が遅いか速いかはメーカーのスタンスに依ります)

今回はASUStekにG.Skillという組み合わせでしたが、
他のメーカーの時にも注意が必要です。
ちなみにASUStekのBIOSは
「周波数を定格以上に手動設定すると電圧がAUTOだと勝手に上がる」
という特性がありますので、オーバークロックをされる場合には注意が必要です。
(この特性はCPUだけでなくメモリにも当てはまります。)
電圧が上がるとオーバークロック時の動作安定性は上がりやすいのですが、
メモリの場合は上がり過ぎることでエラーが出たりしますし、
CPUでも発熱が異常に高くなることがありますので、
くれぐれもAUTO設定を過信しないようにご注意ください。

※定格で使用する場合にはAUTOで問題ありません。

皆さんも、せっかく高いパーツを買ったのに
実際にはパフォーマンスが出ていなかったのでは
もったいないですから、、、
お気を付けください。

それでは今回はこのへんで、、、
駄文をお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

-----------------------------

ちなみに測定環境は最近注文の多い構成から
CPU Core i7 860 [ 2.8GHz x 4 ]
MEM G.Skill PC1333 2GB x 2
HDD WesternDigital WD5000AAKS
Mother ASUStek P7P55D-E
VGA Geforce GTS 240
Case CoolerMaster COSMOS
Power Owltech SS-650KM
という組み合わせです。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

ファンレスビデオカードは本当にファンレスで良いのか?

最近は温泉が恋しくなってきましたねぇ~かお
こんにちは。おっちゃんです。

今日のテーマは「ファンレスビデオカードって大丈夫なのかな?」です。
発売しているメーカーにケンカを売っているようなタイトルですが、
敢えて挑戦です。アップロードファイル

早速ですが、Sapphire Radeon HD 4670 Ultimate の実験です。
ツールで100%負荷をかけた様子です。

■ファンレス(そのまま)Radeon HD4670 ファンレス 負荷テスト1

■ファンレス(8cm Fan を横に追加)Radeon HD4670 ファンレス 負荷テスト2

ファンレス状態だとナント95℃!

それに対して、、、

ファンを付けると70℃以下に!

その差、25℃と大きく下がっていますねぇ~。
結果から考えるとファンは追加するほうが無難な気がします。

もちろん、ファンレスの95℃でも決して止まるわけではないですし、
実は「ビデオチップに負荷が掛かると90℃前後」というのは"良くあること"なので
猛者の方達からは「95℃がどうしたの?」と言われそうです。かおまる

しかし小心者の自分としましては、
お湯が沸くような温度のものをケースの中に納めておくのは
精神衛生上よくないですかおまるし、
ビデオチップ自体は大丈夫だとしても、
マザーボードや他のカードに載っているコンデンサなどへ
温度的な悪影響が出るように思います。

ちなみにGeforce9600GTでもデータを採ったのですが、
データを保存していたUSBメモリが壊れたので、
紹介することが出来ませんがっくりご容赦を。
でも、おおよそ同じような傾向で20℃近く下がりました。

もし、他にカードを挿す予定がなく、
PCIスロットが空いているのであれば、
(ローエンドを除く)ファンレスビデオカードには
ファンを追加していただくことをご検討ください。

ファンレスビデオカードに8cmファンを追加 ( 9600GT )

ちなみに弊社BTO PCでファンレスビデオカードの場合は
出来る限り上記ファンの追加処理をしていますのでご安心ください。

ここまで読むと
「ファンレスビデオカード」って意味ないじゃん!
と言われる方も多いと思います。

確かに「ファンレス」ではなくなるのですが、
8cmFanなどで冷却するとビデオカードに最初から付いているファンに比べて
非常に静かに動くんです。
(ケース外からはファンレスとの差は分からないくらい)
しかも、ファンがしっかりしているので、
半年や1年経っても同じくらい静かに動くのです。
万が一、うるさくなってもファンだけ交換出来るので、
非常に簡単な作業で済みますし・・・
(通常のビデオカードのファンは小さく作りが弱いので、
1年くらい経つと音が大きくなるものが多いんです。)

ですから、ファンレス+静音ファンという組み合わせは
「ファンレスビデオカード=ファン無しでないとダメ」と
考えると微妙な立ち位置になるのですが、
最初からファンが付いているビデオカードに比べれば
明らかに静かである
ことは間違えないので
静音という選択肢としては非常に意味があると思います。

ちょっと長くなってしまいましたが、
まとめとしては、

・ファンレスビデオカードはそのままでも動くことは動く。
・ただ、温度が高めな事が多いので、ファンを追加することが望ましい。
 (3Dゲームなどビデオカードに負荷をかける使い方は特に!)
・音は「ファンレスカード+静音ファン < ファン付きカード」な事が多いので、
 ファンレス+静音ファンという選択肢にも意味がある。
・小心者はファンを追加する!かおまる


という感じでしょうか、、、

本日もここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
今回はこのへんで。では~

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

メモリ価格上昇中! Windows7への布石か?

こんばんは。
シルバーウィークは都内で大人しくしていた"おっちゃん"です。

さてさて、せっかくCore i5も発売されて”新規PCでも組むか”って時なのに
メモリがDDR3もDDR2も上昇中です、、、泣き顔

まあ、株価と同じでもっともな理由が後付けで語られるのですが、
今回は”Windows 7へ向けた大手PCメーカーのメモリ確保”って事に
なってます。(笑) 
もちろん、それもあると思います。が、在庫を抱えてつり上げる所もあるらしく
万が一、Windows 7 が転けたら大安売りになるでしょう。

過去にはWindows98やWindowsXPのようにメモリが急騰したり、
VISTAのように急降下した例もあり、今度はどちらになるのでしょうか?かおまる
業界に関わっている人間としては、
PCが売れて前者になってほしいのですが、
そうなるとPCの価格も上げないといけないため、悩ましいところですね。かおまる

ただ、業界とは関係無い友達と飲んだ時に言われた言葉は
「Windows 7が発売される事を知らない人も多いよ」
が~ん!えぇ さすがにそこまでとは・・・がっくり
業界内にいると「普通の人は知らない事が、さも当たり前になっちゃう」事ってありますよね?
まさしく今回はそれでした。
アップロードファイルガンバレ! > マイクロソフト!

お後が宜しいようで・・・

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

新しく発売されたCore i7ですが LGA1156 と LGA1366 は何が違うのか?

ご無沙汰しております。おっちゃんです。
長期放置、すみません、、、顔文字1(背景黒用)

先日、LGA1156版のCore i7 / Core i5が発売されましたね!
その中でもCore i5は既存のCore2Quadと近い価格で手に入りますので、
今まで値段から敬遠されていた方は要チェックです。

ちなみに個人的な独断と偏見で言わせていただければ、
Core i7 や Core i5 は
SSD と Windows7 (VISTA) を組み合わせた時に”違い”を体感出来る

ように思えますので、
ご予算に余裕がある方は是非その組み合わせをご検討ください。


さてさて、本題の LGA1156 と LGA1366 の Core i7 の違いですが、

・ソケットが違う (←当たり前ですね スミマセン)
・メモリチャンネルがLGA1156は2つ (LGA1366 は3つ)
 それに伴いメモリが最大4枚 ( LGA1366は6枚以上 )
・PCI-Express16x が LGA1156 は1つ (LGA1366は2つ)
・TurboBoostの上昇率はLGA1156のほうが良い



この辺りが大きな違いかと思います。

まず、メモリのチャンネル数ですが、
LGA1366版のCore i7は3つ(トリプルチャンネル)のため、
メモリを3本分の速度が出ます。道路で言うなら3車線ですね。
一方、LGA1156版のCore i7は2つ(デュアルチャンネル)なので2車線です。
ただし、扱えるメモリの速度が、LGA1366がPC1333までなのに対し、
1156はPC1600まで扱えますので、単純に1.5倍の差があるわけではありません。
道路で言うなら、
LGA1366「通常道路の3車線」
LGA1156「高速道路の2車線」
という感じでしょうか、、、

LGA1366 -> PC1333 ( 10.6G/s ) x 3 = 31.8G
LGA1156 -> PC1600 ( 12.8G/s ) x 2 = 25.6G
31.8 ÷ 25.6 = 1.242...
トリプルチャンネルのほうが約 1.25倍速いわけですね。

もっともLGA1156はチャンネル数が少ないせいか
メモリ耐性が良いらしいので、速いのを求める方は
PC2133 あたりのオーバークロックメモリを狙ってはいかがでしょうか?
(自己責任=保証無し の世界なので一般の方はやらないでくださいねかおまる

次にPCI-Express16xですが、LGA1156は1レーンしかありません。
まあ通常の方はビデオカードを2枚使うことは少ないと思いますが、
ハイエンド構成( SLI やCrossFire)を考える方は要注意です。
LGA1156用のマザーは PCI-Express 16x スロットが2本以上あっても
SLIやCrossFireの時には8x動作に変更されてしまいます。

(安価なマザーでは16x + 4x という組み合わせもありますので、
さらに注意が必要です。)

さて、最後にTurboBoostテクノロジーについてですが、
何ぞやと言いますと、要はIntel公認の自動オーバークロック機能で、
熱や電流などでコアに余裕がある場合は負荷に応じて
周波数を上げてくれるものです。
ただ、下表を見ていただくと一目瞭然ですが、
LGA1156版 Core i7は上昇率が異常に高く、
今回の肝と言っても過言ではありません。

CPU型番 基本
周波数
Turbo
Boost
周波数
サポート
メモリ
周波数
TDP
LGA1366 Core i7 920 2.66GHz 2.8GHz PC1066 x 3 130W
Core i7 950 3.06GHz 3.2GHz PC1066 x 3 130W
LGA1156 Core i7 860 2.80GHz 3.46GHz PC1333 x 2 95W
Core i7 870 2.93GHz 3.60GHz PC1333 x 2 95W


本来、LGA1156 は LGA1366 の弟分にあたり、
厳密には下位と位置付けて良いと思うのですが、
TurboBoostで上昇するクロックが高いために
負荷がかかる条件によってはLGA1366より速く動くことがあります。
ですからLGA1366を無条件に選べば良いわけでなく用途によって
選択するのが賢いと思います。

大まかにはなりますが、
計算を延々とやるようなプログラムやエンコードなどは
メモリ速度と純粋なCPU性能が求められますので、
LGA1366版のCPUが有利です。
逆にマルチコアに対応していないプログラムや周波数がものを言うゲーム環境では
TurboBoostの効果が出やすいので新しいLGA1156版のほうが良いでしょう。

なお、メモリの枚数による最大搭載量に差がありますので、
12GB ( 2GB 6枚) などメモリ容量を多く必要とする方は
LGA1366が安定してお薦めです。
(LGA1156 ですと 現状では 4GBモジュールがほとんど無いため
2GB x 4 = 8GB が最大です)

当たり前な結論で申し訳ありませんが、
ヘビーユーザー & メモリ搭載量重視 → LGA1366
通常ユーザー & 総合価格重視 → LGA1156
という事を判断の基準にしていただければ幸いです。

あー最後に当店のPCページを・・・宣伝スミマセン
Core i7 / Core i5 LGA1156 搭載パソコン

長々と書いてしまいましたが、
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

Intel SSD ( X25-M ) RAID0 における ストライプサイズ 比較

こんにちは。おっちゃんです。
なんと1日に2回の更新!!

・・・・
・・・
・・

いえ、正直に話します。
実は前回の記事は2週間前に書いていたのですが、
「下書き」のままになっていて、、、がっくり
(ほんと、どれだけ間抜けなんでしょう、、、 > 自分 )

つまらない前置きはさておき、
本題のSSD RAIDについてですが、今回のテーマは、
ICH10などオンボードのRAIDを使う際に
ストライプサイズの設定はどのくらいが良いか?


早速ですが、DiskMark 2.2にて
同じ構成でストライプサイズのみを変更した3つを比較します。
左から、4KB、16KB、128KBです。

Intel X25-M RAID0 DiskMark [ストライプサイズ:4KB] Intel X25-M RAID0 DiskMark [ストライプサイズ:16KB] Intel X25-M RAID0 DiskMark [ストライプサイズ:128KB]

シーケンシャルの読み込みでは予想通り4KBや16KBのスコアが伸びています。
逆にランダムの書き込みでは128KBが一番速く、16KB、4KBと遅くなっています。

これはSSDが速く処理出来る作業(=読み込み)は
ストライプサイズが小さいほうが、
処理に時間がかかる処理(=書き込み)には
ストライプサイズが大きい方がタイミングが合うようです。

次に HDD Tune で比較してみましょう。
同じく左から、4KB、16KB、128KBです。

Intel X25-M RAID0 HDDTune [ストライプサイズ:4KB] Intel X25-M RAID0 HDDTune [ストライプサイズ:16KB] Intel X25-M RAID0 HDDTune [ストライプサイズ:128KB]

DiskMarkでは分かりづらかった読み込み能力の差が
はっきり出ています。
4KB、16KBはほぼ変わらずコンスタントに350MB/s超を
保っているのに対し、128KBは300MB/sを超えません。
バーストレートでも 128KB は 4KB や 16KB の半分程度です。
SSDに関しては128KBなどの大きいストライプサイズは
性能が生かし切れないと分かります。

また、面白いのは、同じバーストレートで
16KB が 4KB を逆転している事です。
ただ小さければ小さいほど良いように思えた設定も
そう単純では無い事が分かります。
また、CPU使用率( CPU Usage )から見ても、
ストライプサイズが小さいほど使用率が上がっている
ので、小さいほど良いわけではないと言えるでしょう。

最後に円周率計算プログラム「Super PI」
を計算させた結果をご覧下さい。

Intel X25-M RAID SuperPI 比較 ストライプサイズ別

SuperPIを2つ同時に起動し、3355万桁を計算させたものです。
(グラフは2つの計算結果時間の合算になっています。)

CPUが定格3.3GHz [ Core2Duo E8600 ] の時は
綺麗に4KB、16KB、128KBの順番で並んでいます。
ストライプサイズが「小さい方が良い」という結果ですね。

ただ、番外編で 4.0GHz にオーバークロックした設定ですと、
16KBが4KBをわずかに上回っています。
(しかも誤差を考え、何回か計算させましたが同じ結果でした。)
これは意外です。

ここで多少強引に考察するのであれば、
ある程度までストライプサイズが小さい場合、
HD Tuneの結果からも分かる通り、
読み込み性能が飽和してしまうのですが、
書き込み性能やCPUの占有率は小さいほど悪くなるので、
「一定の条件においては逆転することがある」
ということでしょう。

●総括●

今までの結果をまとめますと、
・基本的にはストライプサイズは小さいほど良い。
・ただし、一定の条件では少し大きい位がベストの時がある。

となります。

特に初期値では64KBや128KBの設定になることが多いので、
初期値のまま使われている方は再インストールする機会が
あれば、気を付けてみてください。
猛者の方でさらなる情報がございましたらご一報ください。

※もっとも、ストライプサイズを変えるとHDD内容が消えますので、
一から構築する時くらいしか変えませんけどね、、、汗1

なお、今回の実験は
「読み込みが200MB/s超でシークがほぼゼロ」
のSSDだからこそ当てはまる話なので、
シーク時間が大きいHDDには決して適用出来ない内容ですので
その点はご注意ください。

ここまで長文をお読みいただき、
ありがとうございました。
今回はこのへんで。。。

-------
※データ測定PCデータ
CPU Intel Core2Duo E8600 [3.33GHz x 2] OC時 4.0GHz
MEM PC8500 4GB G.Skill
HDD Intel X25-M RAID0
HDD2 Intel X25-M RAID0
Mother GIGABYTE GA-EP45-UD3R
VGA GALAXY GF P98GTX+/512D3 HDMI + サイズ MUSASHI
Drive Pionner BDR-S03J
Power SilverStone SST-ST45NF


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

AI suite がWindows終了時に 応答なし となる場合 ( ウィンドウズサーチ4.0 )

こんにちは。おっちゃんです。
毎度、更新頻度が低く申し訳ありません。汗1

本日もお客様からいただいた相性情報を・・・

ASUStek のマザーには「AI Suite」というユーティリティソフトが
付いているのですが、そのソフトとマイクロソフトがアップデートで
配布している「ウィンドウズサーチ4.0」に相性があるようです。
この2つが組み合わさると、シャットダウン時に AI Suiteが応答無し
となってしまい、うまく電源が切れないことがあるようです。

同じトラブルを抱えている方は、
ウィンドウズサーチをインストールしないでみてください。

この情報をいただいたお客様は、
ASUSのユーティリティが正常にアンインストール出来なかったため、
Windowsを再インストールすることになったようです。がっくり

※再インストールは大変ですからね、、、
身をもって貴重な情報をいただき、ありがとうございました。 > S様

ただ、再インストールをする過程で新しいPCの速さを実感されたとか、、、グー!
手放しに喜べませんが、
「大きな損害には必ず小さな利益がある」
という言葉を思い出してしまいました、、、汗1

それでは今回はこのへんで。


テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

セキュリティソフト (ウイルスソフト) のトラブル(?)について

こんばんは。おっちゃんです。にっこり

さて、今日はウイルスソフトについてのお客様からの情報です。
avest! というフリーのウイルス防止ソフトが、
「たまにVISTAのシャットダウンや
スリープで止まる原因になっていた。」
というものです。

もし、そういう症状で困っている方がいましたら
「アンインストール」をお試しください。

情報ありがとうございました。 > C社O様

※ちなみに、上記の現象は
「ある特定の環境でのみ起こる不具合」
の可能性がありますので、
やみくもに使用停止を奨めるものではありません。
あくまで参考事例として捉えてくだされば幸いです。

また新しいソフトのインストールやアップグレードの際には
セキュリティソフトを一時的OFFにしていただくと
問題が起こりづらいので、お試しください。
(一見、正常にインストール出来たように見えて
後から問題が起きてくることがあります。)

ちなみに自分はセキュリティソフトを例える時に、
「玄関に付いている鍵だと思ってください」
と良く言います。
セキュリティを強くするためには
鍵の数を増やしたり、複雑な手順にしたり、
することになりますが、
すると、今度は普通に出入りする時に手間がかかります。
セキュリティソフトも一緒で
安全性が高い=制限が厳しい=他のソフトに影響を与えやすい
という事なので、頭の片隅に覚えておくと
インストールトラブルが起きた時に回避がしやすくなります。

「安全と便利(=楽)」というのは
どうしても背反するものでバランスが大事なんだなぁ
とつくづく思います。

少々、愚痴っぽくなってしまいましたので、汗
今回はこのへんで終わりにしたいと思います。
ではまた~

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

Radeon の性能(スコア)が悪い場合 ( ドライバを確認 8.11 が 8.12 より良い場合あり )

こんばんは。おっちゃんです。

相変わらずスローペースな更新ですが、
本年もお付き合いいただければ幸いです、、、汗1

さて、今日はお客様より情報がありましたので、
連絡させていただきます。

Radeon HD 4870x2 で 最新ドライバ(8.12)をお使いの方は
ゲームなどによっては著しくスコアが落ちる時があるようです。
(今回のお客様はデビル・メイ・クライでした)

その場合には、一つ古い 8.11 を試していただくと良いようです。
※情報ありがとうございます! > Mさん

RadeonのドライバはAMDのサイトでダウンロードしていただけます。

■AMD サイト ( グラフィックドライバページ )
http://ati.amd.com/support/driver.html

※最新ドライバページの一番下に
「Previous Drivers and Software」というリンクがありますので、
そこから古いドライバがダウンロード出来ます。

BIOSやドライバは「最新=最良ではない」ということを改めて
感じさせられました。皆さんも更新する際は気を付けてください。

今回はこのへんで、、、


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

64Bit VISTA のメモリ制限 エディションによって違います。

こんばんは、おっちゃんです。
久しぶりの更新となってしまいました、、、
ご来店いただいたお客様からも「最近書いてないねぇ~ 笑」と言われる始末、、、
反省しております汗

さて、気を取り直して、、、
最近はメモリが低価格になってきたせいか、大容量メモリの注文が非常に多いです。
Core i7 は6枚差しも出来るため下記のような12GBの方もかなりいらっしゃいます。
Core i7 & DDR3 6枚差し 12GB 2GB x 6 G.Skill

そのような注文でこの間あったお恥ずかしい話をひとつ、、、
(ハイエンド構成+安いVISTAをお考えの方に
きっと役に立つと思いますので、恥を忍んで書きます 汗1

下記のWindows画面ですが、おかしい箇所があります。
それはどこでしょう?(クリックして拡大してみれば分かります 笑)
64bit Vista メモリ制限 Home Basic





そうです!メモリ容量の表示がおかしいのです!
12GBのメモリを搭載したPCなのですが、
システムのプロパティでは「12GB」と表示されているのに、
タスクマネージャーでは8GBしか無い!
しかもプログラムを動かしてみてもやはり8GBまでしか使っていない。
(8GB以上使おうとするとスワップが始まります 泣)

う~ん・・・ちゃんと64bitOSなのに~汗4
ちょっと悩みました、、、っていうか忘れてました
64bitVISTAにも
意図的なメモリ制限があることを!


具体的には下記のような制限があります。
(システム的な問題ではないので、おそらくMSが儲けたいのでしょう怒
64bit Vista のエディションサポートされるメモリ
Home Basic8GB
Home Premium16GB
Bussiness128GB 以上
Ultimate128GB 以上

参考リンク: Microsoft 64bit VISTA 解説ページ

で、このお客様はたまたま
Home Basic 64bit + 12GB の高性能PC
という組み合わせだったので、
最大容量の8GBに引っかかり問題が起きたわけです。
システムのプロパティで12GB表示されてるから安心8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-11:Green(白い背景用)
なんて油断してるとメモリが無駄になってる可能性も。えぇ

今回はやさしいお客様でしたので、Home Premium へ変更させていただき、
事なきを得たのですが、既に買ってしまっている人はどうなるんでしょう汗5
制限が細かすぎるよ!>マイクロソフトさん
(Aeroが無いだけかぁ~と買った人は思わぬ所で、となるかもしれません)

DDR3も1枚4GBのモジュールが出てきますので、
24GB搭載PCも遠くない将来に登場します。
そうなると「Home Premiumでさえ制限に引っかかる」わけで、、、がっくり
後々、問題になってきそうな予感です、、、
(まあ、その頃にはWindows 7が発売されていますかね 笑)

とりあえず、無事に12GBを認識したスクリーンショットを掲載し、
今回はお開きにさせていただきたいと思います。

64Bit Vista 12GB 認識画面 Home Premium

構成
CPU Core i7 920
MEM G.Skill PC1333 DDR3 12GB 2GBx6
Mother ASUStek P6T Deluxe
VGA Geforce GTX260 896MB


テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

Windows XP SP3 HOME PRO は「DVD」メディアです

こんばんは、おっちゃんです。

とうとうWindowsXPのSP3統合版が出ましたね。にっこり
これで SP2 → SP3 の手間がなくなります!
外見も紙のシールが新たに貼られ印象が変わりました。
もう、メディア傾けてキラキラした文字を読まなくても
ProかHomeか分かります。グー!
Windows XP SP3 DVDメディア Windows XP SP3 冊子の写真
メディアもDVD-ROMになってインストールも早く、、、
んっ? DVD-ROM?
そうDVD-ROMメディアなんです!

今は少なくなりましたけど、
「CD-ROM搭載」のちょっと古いPCでは
インストールメディアとして使えません
がっくり
ご注意ください、、、

早速ですが、BTO PCでも選択出来るようになりましたので、
よろしくお願い致します。m(_ _)m

と、宣伝したところでお後が宜しいようで、、、

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

Google Map ストリートビュー は凄いですね、、、

こんにちは、おっちゃんです。
(記事の間隔が空いてしまい申し訳ありません羆
今までを挽回すべく、しばらくは頻繁に更新がんばります!)

さて、久々の記事にも関わらず
PCパーツ関係でなく申し訳ありませんが、
GoogleMapのストリートビューがあまりにも凄かったので
書かせていただきます。
ご存じの方も多いと思いますが、
実際に道路へ立った状態で周りを360度見回せる機能です。
機能自体はそれほど驚く事ではないのですが、
凄いのは見回せる地点の多さ!
23区内なら車が通れる道路はほとんど網羅しています!

海外ではとっくに始まっていたので「ふ~ん」とは思っていたのですが、
身近な風景が見られると月とスッポンですね、、、

秋葉原の細い路地に面している弊社でさえ
バッチリ写真に撮られてしまいました。羆

Google Map ストリートビュー FRESH FIELD
(閉まっていますが、早朝(予想)だからです。サボってはいませんよ 笑)

見た目の機能以外にも、上記のように
「すぐリンクを作成出来る」ことも秀逸ですね。
※自分が見ている状態でGoogleMap右上のリンクをクリックすると
ストリートビューの角度もそのまま再現されるリンクが作成出来ます。

ネットでのコミニュケーションは
「いかに簡単に相手へ伝えられるか」
というのが重要だと思うのですが、
その辺りをきちんと押さえているのは、さすがGoogleですね。

ちなみに、このストリートビュー
プライバシーなど色々な問題が出てくるでしょうが、個人的には
1都市で3~4ヶ月もかかるらしいデータを更新し続けられるのか?
というのが興味あるところです。

道路地図と違って周りの建物に変化があっただけでも
ある意味データの相違が出てしまうわけですから
維持メンテナンスは大変だろうなぁ、と他人事ながら
心配してしまいます。

「自分のビルを紹介しようとしたら昔のビルの写真だった」
なんて事が多発しないよう願っております。

それでは今回はこの辺で。。。

テーマ:Google - ジャンル:コンピュータ

ExpressGate ミニFAQ for P5Q-E P5Q Deluxe

こんばんは。最近はジメジメした天気が多いですが、
アジサイの花見だけは雨も乙だなぁ、なんて思っているおっちゃんです。

さてさて、ASUStek P5Q-E や P5Q Deluxe などのマザーには
「Express Gate」という簡単に起動出来るOSが搭載されています。
これを使うと、WEB閲覧をはじめ、SkypeやChat、写真ビューワーなど
良く使いがちな機能を素早く起動出来るのが魅力なのですが、
いかんせん、まだまだ出てきたばかりなので発展途上。
日本語変換がしづらいなど解決すべき問題は多そうです泣き顔

まあ文句ばかり言っていても仕方が無いので、
今日は初期導入の際につまづきそうな点を挙げてみたいと思います。

まず
AHCI や RAID モード では起動しませんがっくり
IDEモードでは問題無いのですが、
BIOSでS-ATAの設定をAHCIやRAIDに設定すると
「Express Gate がインストールされていないよ」という
英文メッセージ ( CE125080CE64 ) が表示され
ExpressGateは起動出来ません。

BIOSのアップデートによる改善を待ちましょう

また、ExpressGateを起動した際に
言語やキーボードの環境を訪ねられるのですが、
キーボードの種類は「英語」を選択してください!
間違って「日本語キーボード」を選んでしまうと
何のキーを打っても「カナ」になってしまい、まともに入力出来ません。
アルファベットさえ打てなくなってしまいます。
絵文字名を入力してください

とりあえずザッと使った所ではこんな所でしょうか、、、
また何か問題になりやすい点が見つかったら追加いたします。
情報をお持ちの方がいらしたら遠慮無くコメントください。
よろしくお願い致します。

※なお、2008年6月21日現在の状況なので、
予めご了承ください。将来的にはVerUPにより
解消されている場合がございます。

本日はこの辺で、、、

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

NVIDIA Geforce GTX280 は Geforce9800GTX に比べてどうか?

ご無沙汰しております。おっちゃんです。

期待のビデオカード Geforce GTX280 が入荷しましたので、
早速、動作させてみました!
9800のSLI相当の性能を1枚で持つと噂され、
かつ物理演算回路まで搭載したモンスタービデオカードの性能は、、、

その前に、まずは恒例の「買い換えを考えている人」向けの注意点を、、、
Geforce GTX280 電源コネクタ部 8Pin+6Pin
そう、電源コネクタが8Pin + 6Pin なのです!
しかも、6Pinを2本だけだと画面すら映りません泣き顔
他社の「6Pin接続だとオーバークロックが出来ないだけ」とは訳が違います。

ちなみにマザーボード用の8Pin端子とは互換性が無く、
(コネクタの形状が微妙に違うので大丈夫だとは思いますが)
間違って差し込むとビデオカードが壊れるようです。
7万円のビデオカードが壊れたら泣くに泣けませんからご注意を。

・8Pinのマザーボード用とビデオカード用を比較
8Pin電源コネクタ マザーボード用とビデオカード用 比較

----------
電源に比べ、大きさはGeforce9800GTXとほぼ同等なので、
それほど問題にはならないでしょう。
だいたい「ネジを3列使う一般的なATXマザー」から 2cm くらいはみ出る感じです。
※ちなみに Antec SOLOは奥行きが短いため入りません。

・Geforce GTX280 と Geforce9800GTX の大きさ比較
Geforce GTX 280 と Gefroce 9800GTX 大きさ比較 Geforce GTX 280 と Gefroce 9800GTX 大きさ比較2
↓9800GTXと並べると電源コネクタが異なっているのが良く分かります。Geforce GTX 280 と Gefroce 9800GTX 大きさ比較3


では肝心の速さについてですが、、、
速い!間・違・い・ない!
一般的な3D MARK06で数値を採ると下記のような感じになりますが、
数値以上にスムーズさが違います。
3D MARK中のFPSも(1600x1200と高い解像度ながら)
60を超える場面があり、非常にスムーズです。
9800GTXだとカクつく事が多かった湖から竜が出てくるシーンも
十分問題無いと言って良いでしょう。
GeforceGTX280 Geforce9800GTX (3D MARK 06 比較)

-----

では、全く問題が無いかと言えば、そうでもありません。
9800GTX x 2 という性能から想像はつくと思いますが、
発熱が思った以上に高いです。
3D MARK06 で負荷をかけ続けるとビデオカードのファンが
かなりの勢いで回りだします。バラック組み状態とはいえ、
それほど酷い環境ではないので、ケースに組み込んだとしても
負荷時に静音を保つのは難しいようです。

一方でアイドル時や2D表示の際は猫をかぶったように静かです。
と言いますのも、アイドル時の消費電力は測定環境で100Wと
9800GTX(同120W)より低く抑えられており、
さすがEcoが叫ばれてる時代のビデオカードだなぁと思いました。
(最大消費電力は測定環境で270W前後でしたので、
SLIをしないのであれば650W程度の電源で問題無いと思います。)

------
総論として、

静音を重視する方を除き、
最新の3Dゲームはもちろんですが、
今までスコアが伸びずらかったSLI非対応の重いゲームにも
導入の価値がある"まさしく"モンスターなビデオカード!

という、噂通りの結論が出た所で今回はお開きとさせていただきます。

-----

CPU Core2Quad Q9450
MEM センチュリーマイクロ 1GB x 2
Mother GIGABYTE GA-EP45-DS3
HDD Seagate ST3500320NS
Power Enermax EMD625AWT ( MODU82+)
VGA Inno Geforce GTX280 1GB

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

WD3000GLFS RAID0 & Smart Drive 装着可能か?

こんばんは。おっちゃんです。

遂に登場したS-ATA最速ドライブ Western Digital WD3000GLFS
VelociRaptorの名に相応しい性能なのか早速テストしてみました。

まずは基本データから、
10,000rpm の 2.5inchHDDだけどマウンタ付きで3.5inch、16MBキャッシュ
WD3000GLFS 外観


マウンタで3.5inchにしているため、
通常のSerialATA HDDとコネクタの位置が違います!
コネクタ位置に依存する機器は使用出来ませんのでご注意ください!

下の写真は上段が通常のS-ATA HDD、下段がWD3000GLFSです。

WD3000GLFS コネクタ位置比較 1  WD3000GLFS コネクタ位置比較 2

ちなみにマウンタはネジ止めなので外せなくはないのですが、
特殊ネジ(トルクス?)という事と発熱が低くは無いので、オススメしません。
保証が無くなっても良いから、、、という強者さんはどうぞ汗1
WD3000GLFS 固定特殊ネジ


前置きが長くなりましたが、今回のテーマはこちら
・ どれくらい速いの? RAIDしたらどうなの?
・ Smart Driveには入るの?


----------

ではRAIDのテストから、、、

WD3000GLFS x 2 RAID0 DiskMark2.1  WD3000GLFS x 2 RAID0 HD Tune 2.55


文句ない速さです!
HD Tuneでのランダムアクセスも7.0msと十分速く、さすが10,000rpm!

ただ、300GBプラッタ超の7,200rpmのHDDと比べると
最高速度は読み書きとも互角に見えます。
では何が違うのでしょうか?

WD6400AAKS RAID と比べてみましょう。
WD6400AAKS RAID0 DiskMark2.1 WD6400AAKS RAID0 HD Tune

DiskMarkでの差は僅かですが、HD Tuneをご覧ください。
WD6400AAKS (7,200rpm) は内周へ行くに従って
速度がかなり落ちています。(最終的には100MB/s)
逆にWD3000GLFSは最後まで150MB/s近くで読み出せています。
つまりどの位置に書かれているファイルでも速く読み出せるということです。
3.5inch級の大きい円盤をゆっくり回している7,200rpmは内側の読み出しが遅く、
2.5inch級の小さい円盤を速く回している10,000rpmは
内側と外側の差が少ないため、このような結果となったわけです。


次に、HDD単体の時を比較してみましょう。
左側がWD6400AASK、右側がWD3000GLFSです。
(サムネイルのサイズが異なってしまい、申し訳ありません。)

WD6400AAKS DiskMark2.1 WD3000GLFS Single DiskMark2.1

WD6400AAKS HD Tune WD3000GLFS Single HD Tune 2.55

DiskMarkでも僅かですが差が出ていて、10,000rpmが勝っています。
また、HD Tuneでは(RAIDの時と同じ傾向ですが)
10,000rpmのシークタイムの早さと内周部での速さが圧倒的です。

以上のデータから、
シーケンシャルな動画データなどは7,200rpm高密度プラッタをRAID
読み込み速度だけでなく、ランダムアクセスが必要なシステム周りは10,000rpm

という一般的な回答が改めて実感しました。

※ちなみに10,000rpmはRAIDというよりは
単体で使用する場合のほうが恩恵を実感出来るかもしれません。

------

続いては皆さんが気になる「音・熱」についてです。

まず、音についてですが、
以前のRaptorシリーズからは考えられないほど静かです!えぇ
だいたい1世代前の7,200rpmと言っても過言では無いと思います。
ただ、さすがに高回転部分があるせいか、
(ケースに入れてしまえば気づかない程度ですが)高音が聞こえます。
また、アクセスが多くなった時に、少しだけカリカリ音がするのはご愛敬でしょうか。

どうしても静音と速さを求めたい方へ
あの静音BOX「Smart Drive」を試してみました。

WD3000GLFS SmartDrive 静音化

結論から言ってしまうと装着することは可能なのですが、
SerialATAコネクタの位置が真ん中寄りのため、
ケーブルをかなり選んでしまいます。

電源ケーブルは出来れば上にケーブルが出ているタイプ。
S-ATAケーブルもL字型かつ、コネクタの上端とケーブルまでの間が
1cm程度のものが理想です。(右の拡大写真参照)

WD3000GLFS SmartDrive 静音化 1 WD3000GLFS SmartDrive 静音化 2


ただ、苦労するだけの価値はあります!
10,000rpmというのが”うそ”のように静かで、カリカリ音も聞こえなくなります。

----

発熱に関しては決して低くは無いですが、メチャクチャ熱いわけでもありません。
ケース外に無風状態(バラック)で動作させると、おおむね40℃前後で動きます。

また意外だったのは、前述のSmartDriveに入れても温度は大きく変わらず、
40℃前後で動いていた
ことです。発熱体の大きさが2.5inchということも
あるせいか、SmartDrive全体がうまくヒートシンク代わりになったようです。

ちなみに、上記は無風状態での比較ですが、
12cm 1,200rpm Fanで風を当てると
・通常のままのWD3000GLFS 28℃
・SmartDriveのWD3000GLFS 35℃
と差が出ます。ただ、35℃は決して高い温度ではないので、
あのカリカリ音と決別出来るのであれば、
決して悪くない選択肢
だと思いました。

■総論■
WD3000GLFS は価格も高いですが、
その値段を裏切らない性能を備えています。
実際にWD3000GLFSへVISTAをインストールして使ってみると、
メモリディスクとまではいきませんが、インターネットなど
ファイルの読み書きが発生する時の動作がキビキビとした
感触を受けました。

ハイエンドな作業をする方なら、
ゲーマーをはじめクリエイターまで幅広く薦められる良いHDDですので、
是非ともご検討ください!

と宣伝したところで、、、汗1
お後がよろしいようで。

-------
データ取得環境
・Intel Xeon 3360 [ 2.8GHz x 4 ]
・8GB MEM ( Patriot 2GB x 4 PC6400 )
・GIGABYTE GA-G33M-DS2R
・Geforce 9600GT 512MB
・Microsoft VISTA Ultimate 64bit SP1

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

【Photoshop高速化】 メモリディスク (RAMディスク) で 32bitXP + 8GBメモリ

こんばんは。おっちゃんです。

とうとう(?) 32bitで 4GB超のメモリを扱うためのメモリディスクドライバが出てきたようなので、早速試してみました。
簡単に説明すると、今まではWindows XP(32bit)で扱えるメモリの最大は「4GB-α」だったのですが、このソフトを使うことで「OSが認識出来ていなかった部分をRAM Diskとして使えてしまう」という凄いことが起こります。
そもそも、64bit版のWindowsXPやVISTAを使えば4GB以上のメモリも認識するので、騒ぐ事は無いように思えますが、64bitには対応していないソフトも数多くあるので、これはこれで面白いわけです。

なお、内容の詳細については PC Watchの記事Gavotte Ramdisk まとめWiki を参照ください。

では、かなり大きな作業用ファイルを作る(=一番効果が出やすいであろう)
PhotoShop CS3にて検証してみました。

PhotoShop CS3 ファイル読込時間比較 RAMDISK vs HDD

PhotoShop CS3 ファイル読込時間比較 RAMDISK vs HDD Part2

上記グラフは
PSDファイル(ファイルサイズ215MB / PhotoShopテンポラリ展開サイズ 1.6GB)を読み込む早さを測定したもので短いほど速いことを示します。
前者のグラフは1つのファイル、
後者のグラフは2つのファイル
を読み込ませた場合です。

とにかく圧倒的にメモリディスクが速いです。
しかも読み込んだ画像をスクロールさせても
HDDのように引っかかりがありません
キビキビした動作はスゴイの一言ですが、
フィルターなどHDD負荷よりCPU負荷のほうが
ネックになる作業では思ったほど変化が無い部分があるのも事実です。

ちなみにPhotoShopにおいて作業領域をHDDへ設定する場合、
物理的に別のHDDにするのが鉄則ですが、
「パーティションを切れば同一HDDでも良いのではないか」
という誤解もあるようなので併せてデータを掲載しました。
グラフをご覧いただければ一目瞭然、
一つのHDDをパーティションで分けて、CドライブDドライブとし、
Dドライブに設定しても効果はあまり無い
ことが分かります。
(グラフのオレンジ色と緑色を比べてみてください。)

逆に作業領域を別HDDへ設定した場合(青色のグラフ)は明らかに効果が出ています

ですから PhotoShop を快適にする第1歩は(RAIDとは言わないまでも)
「HDDを2台以上にし、作業領域をOSとは(物理的に)別のHDDへ設定する」
という事が大事ですね。

ちょっと考えるとメモリを大量に積めば、、、と思いがちですが、
PhotoShopの設計思想により、メモリを使い切るというよりは、
メモリ + 作業領域 で動くよう設計されているため、
メモリより何十倍も遅い作業領域を改善することが非常に重要なのです。

※ちなみに、なぜメモリ + 作業領域で動くようにしているかというと、
Windows上ではアプリケーションがメモリには直接アクセスできず、
メモリアドレスというOSが用意したメモリ空間をアクセスするのですが、
Windowsのスワップファイル(=HDD)にもメモリアドレスが
割り当たることがあるので、メモリという名のHDDへアクセス
させられる位なら、自前で作業領域を作ったほうが速い、
という結論に至ったためだそうです。

最後になってしまいましたが、
メモリディスクには「容量が小さい」という致命的な問題があるので、
あまり大きな作業領域ファイルを作るような例だと
メモリディスクの効果が出づらいパターンもあるかと思います。
基準としてはPSDファイルの7-8倍くらいのメモリディスクが
あればバッチリです。
現在主流のマザーは最大容量が8GBのものが多いので、
メモリディスクは6GBがおおよその最大となります。
そこから逆算すると、
「500MB-600MBのPSDファイル位までの規模であれば、
メモリディスク構成をチャレンジしてみる価値がある」
と言えるでしょう。

長文にここまでお付き合いいただき、
ありがとうございました。

それでは。今回はこのへんで。

---------------
※データ取得環境
CPU Intel X3360 [ 2.66GHz x 4 ]
MEM 8GB PC6400 DDR2 [ Patriot 2GB x 4 ]
HDD1 Seagate ST3500320AS 500GB 7,200rpm
HDD2 Seagate ST3500320AS 500GB 7,200rpm
Mother GIGABYTE GA-G33M-DS2R [ Intel G33 ]
VGA Sapphire Radeon X550 256MB PCI-E
Case Antec Mini P180
Power Antec TruePower Trio 650W
OS WindowsXP Professional SP2

RAMDISK Gavotte Ramdisk

メインメモリ 8GB [ OS認識量 3.25GB + RAM Disk 4.7GB ]


テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

2080年!? BIOS設定にはご注意を・・・

お久しぶりです。おっちゃんです。

DDR2メモリが値上がりアップしてますねがっくり
来週もまた上がるらしいですよ、、、トホホ汗

気になる方は下記サイトでチップの取引価格をチェックしてみてください。
DRAM Exchange
知る人は知ってるこのサイトですが、株価と一緒でいろいろな思惑が絡むため、過信すると裏切られます。おおよその目安とお考えください。

さてさて、本題(題名の件)ですが、
『2080年にBIOSの設定がなっていた事件』がありまして(笑
(笑)とか書いていますが、気付くまでに紆余曲折がありました。

事の発端は「あるソフトのインストール中にエラーが出る」という連絡でした。
とりあえず戻ってきたPCをチェックすると、確かに一定のソフトでエラーが、、、
こういう症状ですとメモリエラーが考えられるので、
「メモリ全部交換→メモリテスト→OSインストール」
が、、、例のソフトのインストールはまたもやエラー。

仕方が無いので同等の環境を作ってテストすると、なんとOK!
それなら、と原因を探るためにパーツを交換していくと、、、
『結果はマザーボード!』 一件落着・・・
でも、他のソフトは全く問題無いし、ホントに不良?と思って
不良と目されたマザーをさらにチェックしてみると
『WindowsUpdateに繋がらない・・・』
もしや、、、BIOSの日付、、、
なんと、2008年ではなく2080年に設定されている!絵文字名を入力してください

日付を戻したら今までがウソのよう!
ソフトも順調にインストールされました
がっくり

CMOSクリアーをした際にお客様が設定したらしいのですが、、、
たぶんその時に間違ってしまったのでしょう (汗

いやはや『気付けば10分、予備機作ってテストは5時間』の大きな差でした。

Windows Update が繋がらなくなる理由の一つに
「日付が1日以上ずれてる」
ことがありますので、エラーが出た場合には
そういう可能性もある、と覚えておくと良いかもしれません。

(今回のように未来の日付になることは稀ですが)
マザーボード上のボタン電池が弱ってくると
BIOS上の日付がリセットされて過去の日付になる事がありますので、
・WindowsUpdateが接続出来ない
・作るファイルが古くなるため上書きエラーが出る
なんて時には思い出していただければ幸いです。

皆さまもBIOSの日付にはご注意ください。

※今回の件で、ソフトは2080年まで使われることは考えてない
(当たり前?)んだなぁ~なんて思いました。
お後がよろしいようで。

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

この業界にも材料費高騰(=値上げ)の波がとうとう、、、

こんにちは、おっちゃんです。

最近は日用品から食品まで値上げが相次いでいますが、
とうとうこの業界にも波及してきたようです。汗

性能が良いものが次から次に出てくる分野(CPUとかHDD)は
物としての値上がりに比べ、陳腐化による値下がりが激しいので、
それほど気にする必要は無いと思いますが、
アクセサリー類 ( CPU FAN , ケーブル ) や ケース類 は
確実に値上がりしていきそうです。

実際、営業さんレベルの話でも
「大手(=人気がある)メーカーがやるまでは我慢しているけど、
そこがやればすぐ追随したい!」
という話が随所に聞かれるので、時間の問題でしょう。泣き顔

正直、煽るつもりは一切ないのですが、
近日中にPCを自作する予定の方はゴールデンウィークが
(値上げ前の)チャンスかもしれませんよ。
是非、お近くのパーツ屋さんに足を運んでみてください。

では今回はこのへんで。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

HDD RAID比較 WD6400AAKS vs HDP725050GLA360 vs ST3500320AS

こんにちは、おっちゃんです。

最近はハイエンドPCの注文も多いので、
それに関連してRAID周りのデータを取ってみました。

題して
「RAID0って速いの? どのメーカーが良いの?」

早速ですが、下記3種類のHDDを比較してみましょう。

・WesternDigital WD6400AAKS [ 7,200rpm / Cashe:16MB ]
・Hitachi HDP725050GLA360 [ 7,200rpm / Cashe:16MB ]
・Seagate ST3500320AS [ 7,200rpm / Cashe:32MB ]

※2008.7.7 Hitachi HDP725050GLA360 のキャッシュ容量に
間違いがありました。誤 32MB -> 正 16MB
ここに訂正してお詫び申し上げます。


■■■ Crystal DiskMark 2.1 [ 1000MB ] ■■■
★各ドライブのRAID0設定時
WD6400AAKS RAID0 DiskMark2.1 HDP725050GLA360 RAID0 DiskMark2.1 ST3500320AS RAID0 DiskMark2.1
左からWD6400AAKS x 2、HDP725050GAL360 x 2、ST3500320AS x 2 (全てRAID0) です。

★参考までに各ドライブの単体(1台)の時
WD6400AAKS DiskMark2.1 HDP725050GLA360 DiskMark2.1 ST3500320AS DiskMark2.1
左からWD6400AAKS、HDP725050GAL360、ST3500320AS です。

Hitachiが他2社に比べ若干遅いですが、
各社ともシーケンシャル読込/書込が200MB/s前後になっている
のはさすが最新世代のHDDですね。
また、512KBランダムアクセスもシングルドライブを上回っていますので、
動画編集やAdobe系のテンポラリ領域(作業領域)には最適でしょう。


■■■HD Tune 2.55■■■
★各ドライブのRAID0設定時
WD6400AAKS RAID0 HD Tune HDP725050GLA360 RAID0 HD Tune ST3500320AS RAID0 HD Tune
左からWD6400AAKS x 2、HDP725050GAL360 x 2、ST3500320AS x 2 (全てRAID0) です。

★参考までに各ドライブのSingle時
WD6400AAKS HD Tune HDP725050GLA360 HD Tune ST3500320AS HD Tune
左からWD6400AAKS、HDP725050GAL360、ST3500320AS です。
※Hitachiだけ同構成のPCですがXPでの計測になっております。ご容赦を。

WD6400AAKSは「50%付近までが速く、その後だんだんと落ちていく」という
シンプルな性質なので、容量に余裕をもってRAIDを組めば快適に使えるでしょう。
また、最高速が200MB/sを超えるのはもちろん、
一番遅い速度でも100MB/s(シングルドライブだと50MB/s)なので、
RAIDの効果がしっかりと出ていると言えるでしょう。

Hitachiですが、ここでも結果が振るいません。
どの領域でも速度が安定している、と言えば聞こえが良いですが、
最高速自体が速くないので、低速安定というところです。
ただ、シングルドライブですと最後は50MB/s付近まで落ち込みますので、
ある意味ではRAIDの効果が出ていると言えます。

Seagateは最速が30%あたりに設定されている不思議なグラフです。
最高速や最低速の値は申し分ありませんが、
HD TuneのBurst Rateが低いことは気になります。
「WesternDigitalと並んでRAIDを考えても良いドライブ」
と言えますが、(後述の通り)静音性だとWesternDigitalに軍配が上がります。

■静音性
各社とも最新の世代だけあって非常に静かです。
ただ、読み書きの時はSeagateが一番カリカリと音がします
WesternDigital と Hitachi は 書き込み時でも非常に静かで、
2台並べた環境で、どちらか一方に書き込みをしても、
どちらのHDDが書込動作をしているか聞き分けるのが大変なくらい
アイドル時と音が変わりません。
Seagateでも十分静かだとは思いますが、
静かさにこだわるのであれば WesternDigital か Hitachi でしょう、、、

■発熱
これも(良い意味での)驚きでしたが、
各メーカーとも31-35℃と非常に低い温度でした。
測定誤差や個体差もあるため、言及するほどの差はみられませんでした。

■総評
読み書きの音が静かで、かつ速度も一番速かった
WesternDigitalが一番のお薦めかと思います。

やはりプラッタ密度が他社より高いので、
その事が総じて良い結果につながったのだと思います。

他の2社もプラッタ密度が高い製品をリリースすれば
すぐに順位が入れ替わると思いますので、
常にチェックは欠かせない、と言うところでしょうか、、、

どちらにしても各メーカーともRAID0を組むと
シングルドライブの性能は確実に上回ってきているので、
ファイルサイズが大きく、かつ速度が求められる場面では
RAIDが必要だな、と改めて感じた次第です。

ここまで拙い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。
それでは今回はこのへんで・・・また~

---------------------

●データ測定環境
CPU Intel X3350 [ 2.66GHz x 4 / Cashe:12MB / FSB1333MHz ]
MEM 2GB PC6400 UMAX社
Mother GIGABYTE FA-EP35-DS4
VGA Radeon HD3650
Power SilentKing5 550W
Case Antec NineHundred

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。